1-4 StuffIt Deluxe 16の新機能

 StuffIt Deluxe 16の新機能

  • StuffIt DestinationsはDropbox、Google DriveやMicrosoft OneDriveに対応しており、アーカイブしたコンテンツをこれらサービスへ送信する作業を自動化できます。
  • StuffIt Destionationsのタイルがカスタマイズ可能になりました。タイルの画像やタイトル、説明を変更できるようになりました。
  • StuffIt Archive Managerの軽量化が図られています。アイテムのコレクション作成を含む検索機能が廃止され、QuickLookを使用した検索に簡略化されました。アイテムプレビューはアプリケーション内でのQuickLookによるプレビューに置き換えられました。
  • StuffIt Archive Managerのインタフェースが新にシンプルなウインドウになりました。StuffIt  Archive Managerを起動すると、ウインドウが開き、アーカイブを開く、解凍する、アーカイブを作成する、検証する、そしてアーカイブのスケジュールといった一連の機能に素早くアクセスできます。