2-1 StuffIt Destinations – 解凍と圧縮を行う

StuffIt Destinationsの使い方

StuffIt Destinations でファイルを解凍する

StuffIt Destinationsはドラッグアンドドロップで圧縮および解凍ができるユーティリティです。起動すると、StuffIt Destinationsアプリのドックが表示されます。ファイルを解凍するには、ドックの右側にある「Expansion(解凍)」タイルに解凍したいファイルをドラッグアンドドロップします。

注:デフォルトでは、StuffItが対応する圧縮形式の多くがStuffIt Destinationsと自動的に関連付けされ、アイコンで識別できます。関連付けされたファイルはダブルクリックで解凍することもできます。

stuffitcompnents_create_sitx

  1. ローカルドライブ上で.sitxファイルを作成します。
  2. ローカルドライブ上で.zipファイルを作成します。
  3. SendStuffNow上で.zipファイルを作成します。
  4. FTPサイト上で.sitxファイルを作成します。
  5. zipファイルを作成してメールにロードします。
  6. CDもしくはDVD 上で.sitxファイルを作成します。
  7. .sitx ファイルを作成してディスクに焼きます。
  8. 好みのロケーションにファイルを解凍します。

StuffIt Destinationsでアーカイブを作成する
アーカイブを作成するには、ファイルやフォルダをドックの左側の「Destination」タイルにドラッグしてください。または、「Destination」タイルのいずれかをクリックして表示されるシートから、アーカイブしたい項目を選択することもできます。

デフォルトでは、圧縮形式と送り先のタイプの組み合わせで1つずつ、そして解凍で1つ、合計9個のタイルが存在します。iCloud、FTP、そして SendStuffNow™ など、タイルの中には追加の設定が必要なものもあります。設定が必要なタイル上にファイルやフォルダをドラッグすると、設定する必要があることをお知らせする警告が表示されます。
StuffIt_Destinations_Failure

  • アーカイブを作成するためにはファイルとフォルダをドックの左上の Destination タイルにドラッグしてください。デフォルトでは、Destionarion のそれぞれのタイプ、そして Expansion タイルから一つずつ合計9個のタイルが存在しています。
  • MobileMe, FTP、そして SendStuffNow などのいくつかのタイルは追加の設定が必要になります。ファイルやフォルダの設定が必要なタイル上にドラッグした場合、通知されます。SendStuffNow タイルにファイルをドラッグした場合、ファイルは保存され、サービスをホストする SendStuffNow ファイルにアップロードされ、それから共有することが可能になります。

注:SendStuffNowアカウントをセットアップするには、sendstuffnow.com(英語のサイトです)をご覧いただき、アカウントを作成してください。アカウント作成は無料です。StuffIt Deluxeのシリアル番号を使用してサインアップすると初回6ヶ月に限り、追加ストレージや帯域上限の特典付きのホスティングサービスを無料でご利用いただけます。

ご注意: SendStuffNow™ の日本国内での販売、サポートを act2 では行っておりません。直接、 SendStuffNow のサイト(英語サイト)でサービスの確認などを行ってください。